Loading...

給湯器の選び方

給湯器を交換しようと思って調べてみると、その種類は思いの外たくさん。
家族構成や何に重点を置くかなどで、選ぶべき給湯器は変わってきます。
設置してみて「思っていたよりお湯の出が悪い」「たし湯も自動でできたらよかった」といった不満が出ないよう、事前にどういった機種を選べばよいかをしっかりと確認しておきましょう。

給湯器には3つの種類があります

 

ガス風呂給湯器
(設置フリータイプ)
地球のために、未来のために、一人ひとりができることから始められる、そんな願いから、省エネルギーでCO2の排出量削減を可能にしたのがエコジョーズです。

ガス風呂給湯器
(浴槽隣接設置タイプ)
給湯機能と追い焚き機能の両方を備えた給湯器で、浴槽に隣接させて設置するタイプのものです。

ガス給湯器
キッチンや洗面所、浴室での給湯を行う給湯機能のみが備わった給湯器です。もちろんお風呂にお湯をはることはできますが、追い焚きはできません。お湯が冷めた場合は熱いお湯をたして温度を高くします。

メーカーの選び方

ガス給湯器を製造しているメーカーはたくさんありますがmaker
なかでも群を抜いているのが「リンナイ(Rinnai)」「ノーリツ(NORITZ)」「パーパス(PURPOSE)」です。
ともに実績豊富なメーカーであり、機能的にも価格的にも幅広い製品をラインナップしています。

今、お使いの給湯器がリンナイかノーリツもしくはパーパスであれば、同メーカーの後継機種を選べば間違いはないでしょう。今、お使いの給湯器がどちらでもない場合でも、この2つのメーカーの製品であれば安心です。なお、当社でお買い求めいただくと、メーカー標準の2年保証にプラスして、さらに5年トータル7年の保障(有償)をお選び頂けます。ぜひご検討ください。また当店での工事保障として5年を無料でお付け致します。

号数の選び方

家族の人数や、同時にどのくらいお湯を使うかなどを考えて適当な号数を選びましょう。
水温+25℃のお湯を1分間に16リットル同時に給湯できる給湯器を16号といいます。
号数が大きくなるほど一度にたくさんのお湯を使うことができます。

oyumeyasu

 

お湯の量の目安

便利なお風呂機能を選べます
全てお任せ「フルオートタイプ」
湯はりもたし湯もすべて自動で行ってくれるのがフルオートタイプ。スイッチを押すだけで、残り湯の量にかかわらず設定水位まで湯はりを行い、ぬるくなったら追い焚きを、お湯が減ったらたし湯をしてくれます。type_full
ワンタッチでたし湯「オートタイプ」

フルオートタイプの自動たし湯機能がないものがオートタイプ。お湯はり・追い焚きは自動で行ってくれます。
また、お湯が減った場合もたし湯スイッチを押すだけでお湯がたされます。type_auto
追い炊きで十分「スタンダードタイプ」
追い焚きができれば十分、という方におすすめなのがスタンダードタイプ。お湯はりは蛇口の開け閉めで行う必要がありますが、追い焚きスイッチを入れればあとは自動で設定温度まで沸かしてくれます。もちろん、お湯がぬるくなると自動で追い焚きをしてくれます。
type_stan